FC2ブログ
渡辺釣船店 東京湾 タチウオ 釣行記 【番外編】 の巻
マイクスフィッシングコーナーBlog をご覧のみなさま、
はじめまして、マイクスMTBコーナーの田中です。
今回、フィッシングコーナー ナベ夫スタッフから、『美味しい魚、釣りに行きませんか?』
と誘われて、東京湾タチウオ釣りに出かけてきました。

素人まる出しのこのワタクシですが、番外編ということで釣行記を書かせていただくことになりました。
いつもと雰囲気が違うと思いますが、宜しければ最後までお付き合いください。

IMG_9239_20160713224819b12.jpg IMG_9246_20160713224818642.jpg IMG_9248.jpg

IMG_9242.jpg
道具も何もない自分は、まず準備からスタート。
ラインはメインのPEライン + ショックリーダー(フロロカーボン)の組み合わせ。
感度も良く、丈夫なショックリーダーは、タチウオの鋭い歯に負けないよう太くて強いものを選びました。
何故ラインがこんなにカラフルなのか? このときには、その意味が解りませんでした。
そして今回は、ジグとワームの2本立てで挑みます。
カラーは、ナベ夫先生におまかせしました。

これから、ピークを迎えるタチウオ釣りですが、フィッシングコーナーでは特設コーナーを展開中です。
なにも知らない自分にも、フィッシングコーナーのスタッフが解りやすく教えてくれました。
『これから釣りを始めたい。』 というビギナーの方も安心しておたずね下さい。

IMG_9249_20160713225046ca4.jpg IMG_9253_201607132250452f4.jpg IMG_9264_20160713225129e40.jpg 
今回お邪魔したのは、新山下にある『渡辺釣り船店』 さんです。
クルマを駐車場に停めて、受付を済ませたら船に乗り込み、場所を確保します。
釣り竿と、クーラーBOXを置くことでそれぞれの場所となるようです。
それぞれ好みもあるようですが、前方が人気の様子。
今回マイクスチームは、左側面中央部に5人まとまって、乗船しました。
気になる船代は¥9,000/人。駐車場代が¥500/台 となります。

今回のタチウオ釣り、フィッシングコーナーの鈴木スタッフ、ナベ夫スタッフ、中村スタッフ、キッズコーナー澤木スタッフ、
そして私の5名で出発です。
澤木さんと自分の仕掛けは、前夜ナベ夫スタッフが準備してくれていますが、
鈴木、中村の両名は、手慣れたもので船上で最終準備。
船は定刻通りAM7:00に出船、一路ポイントを目指します。

IMG_9268.jpg IMG_9271.jpg IMG_9294.jpg
まだ空は雲に覆われていますが、予報ではAM9:00頃から晴れてくる様子、暑くなり過ぎなければ良いのですが。
見慣れたベイブリッジも、船から見るといつもとは雰囲気が違います。
手だけでは足りずに、足も使って準備中。
そうこうしているうちに、ポイントへ到着。
かなりの数の船が集まって、密集しています。  いよいよ本番スタートです。

IMG_9324_201607132255596eb.jpg

IMG_9322_20160713225746945.jpg IMG_9313_2016071322563910c.jpg IMG_9283_2016071322555821b.jpg
みなさん一斉に釣竿をつかんで、ルアーを投入。
黙々と竿を動かす中、周りのみんなは続々と釣り上げていきます。
マイクスチームで最初にヒットしたのは、鈴木スタッフでした。

見よう見まねでやってみるものの、自分の竿には一向に当たりが来ず、焦りだけがつのります。
『絶対釣れますよ! 誰がやったって最低10本は固いですよ!!』
前日の準備の際に、笑顔で掛けてくれたフィッシングコーナー 樋谷内クンの声が頭の中でこだまします。

そんな自分の竿にも念願の当たりが!
慎重にラインを巻き取るも、海面から姿を現したのは周りのみんなが釣り上げているのとは、
明らかに違う魚です。
更に手にする寸前で落としてしまう始末…
『田中さん、あれ白ギスだね。』
中村スタッフに教えて貰いました。
白ギスでも何でも、とりあえずの一匹手にしたかったのですが、ガッカリ。
そうそう甘くはない事を思い知らされます。

『とりあえず、ただ巻いてみるやり方に変えてみましょう。』
隣に場所を移してくれた鈴木スタッフからアドバイスももらって、
繰り返すこと十数回、遂に、遂に念願のタチウオを釣る事が出来ました。
周りのみなさんが、淡々と釣り上げている中、つい興奮してしまい大きな声を上げてしまいました。
いやー、でもあれは興奮しちゃいますよね。ホント嬉しかったです。
とりあえず一匹は釣れて、一安心出来ました。

IMG_9344.jpg IMG_9335_20160713225557012.jpg IMG_9336_201607132255566a8.jpg
まずは、ルアーを投入。 船長さんの指示する深さまで、ルアーを送り込みます。
(この為にラインの色を1m毎に変えてあるんですね、凄い驚いちゃいました。)
その後、ロッドをわきに挟みしゃくり上げつつラインを巻き取り、ルアーにアクションを加えていきます。
(自分は上手く出来ないので、大人しくラインの巻き取りスピードを変えるやり方でチャレンジしました。)
以下その繰り返し。

IMG_9308_20160713230342523.jpg IMG_9312.jpg IMG_9299.jpg
『来たかな?!』
『来たぞ!!』
タチウオは鋭い歯を持つので、フックを外すときは要注意。

IMG_9317_20160713230340923.jpg IMG_9378.jpg IMG_9377.jpg
ルアーのチョイスから、切られたラインの交換まで、ナベ夫先生には色々と助けていただきました。
ありがとうございます。
ラインの先端に付けたスナップのお蔭で、ジグやワームなどを簡単に付け変える事ができます。
自分は、ただただ釣り上げる事に必死でしたが、状況に応じて適切なルアーを判断し、
その読みが当たった時、きっと更なる喜びが得られるんでしょうね。
船長さんの判断で、次々とポイントを移動して行きます。

IMG_9367.jpg IMG_9365.jpg IMG_9407.jpg
ただ釣りをするだけでなく、船で東京湾を移動するというのも、普段滅多にない体験なので、
一々興奮しちゃいます。
潜水艦や、タンカー、高速艇にも遭遇しました。
楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいます。 PM3:00過ぎ、船長さんの合図で本日終了となりました。
片付けをしつつ、横浜港へ戻ります。
その後、マルイカ?を釣り上げるハプニング等もありつつ、順調に釣果を重ね?
マルイカ1杯、タチウオ7本、釣る事ができました。
決して多くはありませんし、樋谷内クンから課せられた目標には届きませんでしたが、
個人的には大満足、大興奮の一日でした。

161.jpg IMG_9412.jpg IMG_9416.jpg
釣り上げたタチウオは、早速その日の夕飯に頂きました。
献立は塩焼き、ムニエル、シソと梅肉の包み揚げ、ふわふわの身は白身でありながら、
たっぷりの旨みに包まれて、最高に美味しかったです。
骨が少し多いのと、内臓の周りの黒い膜には要注意です。

超どビギナーの自分にも、しっかり釣らせてもらえたタチウオ釣り。
店頭で、マイクスフィッシングコーナー スタッフが質問にもビシバシ答えちゃいますので、
はじめての方も、是非チャレンジしてみて下さい。

テーマ:釣り・フィッシング - ジャンル:スポーツ